2017年6月10日土曜日

シマ学校「アダナスをあむ!」を開催しました


今月のシマ学校は、「アダナスをあむ!」です。
島の暮らしに欠かすことのできなかったアダン。池間島におけるアダン利用について、総合的な学習の時間で目下勉強中の中学生たちと一緒に、シマ学校で使うアダナスの採取にでかけました。

アダナスとは、アダンの気根のこと。先端に傘をかぶっていて、地面に到達する前の状態のものを探して切ります。この日は、池間島灯台周辺のアダンニーという一帯に茂っているアダンの林から、ちょうど良い大きさのアダナスを探しました。

中学生たちが苦戦している間にも、一緒に採取に出かけたおばあは、アダンのトゲも気にせずどんどん林に分け入ってアダナスを採っていました。
こちらはよく熟れたアダンの実。この実も「子どものころによくオヤツとして食べた」というお話を多くの方から聞いていたので、実際に味見をしてみようと収穫しています。

さて、収穫してきたアダナスは、まずは外側の皮をカマや包丁でむいてから、繊維に沿ってうすく裂きます。

みなさんものすごい勢いで、アダナスの「製造」をはじめました。どんどん皮をむいてはうすく裂いていきます。
さながら、アダナス裂き競争のようになっていましたが、とっても楽しそうです。

こちらは、中学生に同行してくださった、池間小中学校の前里先生。ご自身でもアダナスをとってロープを作り、これでいつかハンモックを作りたい、と意気込むほどの縄ない上手な先生です。
生徒たちに指導しながら、一緒にアダナスの繊維を裂いています。

うすく裂いたアダナスは、天日に干してからからになるまで乾かします。乾かし方が足りなかったり、途中で雨に濡らしたりししてしまうと、カビが生えたり繊維が弱くなってしまうので要注意です。

こちらは、収穫してきたアダンの実。外側のぽろぽろ外れる部分を「ツガキ」と呼び、かつての子どもたちはこのツガキの根本をかんで甘みを楽しんだといいます。
さっそく味見してみると、意外と甘い!そして、お話に聞いていたとおり、オレンジや赤の実より、黄色い実のほうが甘いと好評でした。

干しておいたアダナスが乾いたところで、繊維にそってさらに細いひも状に裂きます。固いときは潮水で湿らせてから裂くとやりやすいとのこと。

裂いた繊維で、いよいよロープをつくります。両手をこすり合わせるようにして「より」をかけて、反対方向にねじる、の繰り返しなのですが、慣れるまではなかなか難しい。中学生たちもロープづくりには苦戦しているようでした。


シマ学校講師陣のおばあたちはというと、見事なてさばきでみるみる間に均一なロープができあがっていきます。
アダナスの繊維でつくられたこのロープは、潮水に強いので、海で使う網や網袋、船を舫う丈夫なロープなどもみんなこのアダナスでつくられていました。

カツオ漁が盛んだったころ、カツオ船の乗組員やその家族が作ったアダナスのロープを3本より合わせて、太く丈夫な係留ロープをつくるという光景が水浜広場で見られたというお話もよくききます。

アダナスのロープづくり、なかなか根気のいる作業でしたが、時間が経つのも忘れて集中して取り組むことができました。今後、自分でつくったロープを編んで、網や網袋が作れるくらいまで練習していけたらと思います。

2017年6月5日月曜日

シマ学校「アダナスをあむ!」開催のおしらせ

6月10日(土)、シマ学校「アダナスをあむ!」を開催いたします。

島でもっとも身近な植物のひとつ、アダン。その気根「アダナス」から、とても丈夫なロープをつくる昔ながらの手技を学びます。

13~14時は島内でアダナスの採取に出かけます。14時から、離島総合センターにてアダナスの加工、ロープづくりをおこないます。興味のある方は、ぜひご参加ください。

すまだてぃだより51号を掲載しました


すまだてぃだより51号ができましたので掲載いたします。

〇第122回池間島ヒャーリクズ
〇シマ学校~うながやーやーのみそづくり~
〇池間学区体育協会新会長誕生
〇今月の予定

こちらからPDF版をご覧になれます。

2017年5月29日月曜日

第122回池間島ヒャーリクズ(海神祭)がおこなわれました

 5月29日(月)は旧暦の5月4日。池間島でヒャーリクズが開催されました。この日は朝から雨風が強く、荒れた天候からのスタートでしたが、大主神社の神様も味方をしてくれたのでしょうか。
 開会式を迎える頃には雨も止み、船を漕ぎだす頃には陽射しも出てくるなど、奇跡的な回復をみせました。
 池間小中学校の子どもたち全員によるスタンバイで幕をあけました。ウガンバーリーで豊漁・航海安全を祈願したのち、くり船競漕による熱戦が繰り広げられました。
 青年分団別、女性分団別、ムトゥウヤくり船競漕と続き、池間小中学校の子どもたちによる水中リレー、船上綱引き、えさまき、宝さがしと小さな子どもたちも楽しめるプログラムも目白押しでした。
 水中リレーでは、水浜の海上に水泳プールのコースが出現。この日のために、小中学生は水泳の特訓をしてきたとのことです。
 こちらはえさまき。カツオ漁のえさまきに見立てて、お菓子やバナナが船から投げられる、子どもたちお楽しみ企画です。
 小学生たちはサバニ綱引きで“漕ぎ力”を競いました。
 続く職域くり船競漕には、21チームのエントリーがありました。今年から、中学生も職域対抗競漕に参加すべく、毎週港内で船漕ぎの練習をしてきたのだそうです。くり船転覆競漕で午前の部が終了すると、今年は昭和35年生有志による豚の味噌煮の炊き出しや、刺身、豆ごはんなどが用意され、参加者に振舞われました。
 わたしたち、NPOいけま福祉支援センターのメンバーも職域別に参戦!
 職域別競漕、計測したタイムにより決勝戦に進んだのは、みゃーしゃー、池間学区体育協会、昭和39年生の3チーム。
 決勝戦を制したのは、池間学区体育協会のみなさんでした!
 午後からは、水浜広場にて相撲大会が行われました。小学校の部では、久貝海凰さん、中・高学年女子の部では奥平類さん、男子の部では与那覇康太さんが優勝。
 中学校男子の部では尾崎賢工さん、女子の部では奥平姫音さんが優勝しました。
 一般の部では、予選からハイレベルな取組みが繰り広げられました。ちなみに一般の部は、沖縄角力です。

池間小中学校教頭、浜川泰成先生も参加。強いです!
 一般の部は高校生以上は参加できます。参加者は10代から50代。選手の家族からも声援が飛びます。
準決勝では、昨年大会の優勝者吉浜卓也さんと佐渡山恒克さんの好勝負に、土俵をとりまく見物人たちの目も真剣になりました。
 決勝戦は浜川泰成教頭先生と佐渡山恒克さん。手に汗握る熱戦で会場も一層熱く盛り上がりました。
 「教頭先生がんばれー!」と子どもたちの声援が飛びます。さすが決勝戦、取り組みにはじりじりと時間がかかります。
 一般の部、熱戦を制し優勝したのは佐渡山恒克さんでした。

ヒャーリクズの結果は以下の通りです。

ヒャーリクズ結果▼青年分団別競漕:第1位 西分団・第2位 東分団・第3位 中分団▼女性分団別競漕:第1位 西分団・第2位 中分団・第3位 東分団▼ムトゥウヤくり船競漕:第1位 前里ムトゥ・第2位 アギマスムトゥ・第3位 マイヌヤームトゥ▼職域くり船競漕:第1位 池間学区体育協会・第2位 みゃーしゃー・第3位 昭和39年生。

【予選タイム】
1 みゃーしゃー  2'48"
2 池間学区体育協会  2'52"
3 昭和39年生  2'53"
4 昭和35年生  2'54"
5 宮城組 2'58"
6 勝連・仲間兄弟 2'59"
7 与儀工業 3'02"
8 きゅーぬふから舎B 3'12"
9 (株)道進 3'19"
10 PTA Bチーム 3'29"
11 池間中生徒 3'31"
11 PTA Aチーム 3'31"
12 でいご 3'34"
13 池間小中学校職員 3'35"
14 中山・美ら美ら・Tan 3'42"
15 きゅーぬふから舎A 3'44"
16 勝連荘お客様 3'47"
17 宮古土木事務所A 3'48"
18 高校生 3'50"
19 スナックK 4'07"
20 宮古土木事務所B 4'59"

2017年5月27日土曜日

シマ学校「うながやーやーのみそづくり」

 5月27日(土)14時より、シマ学校「うながやーやーのみそづくり」を開講しました。
まず最初に、仲原ソヘ子さんにみそをつくるときに大事な池間言葉のおまじないを習いました。
タウテー ウフユバイ ンスゥーシミー カギユーインカイユー ンスゥーカナーシミー フィーサマティー
むずかしい!
 生き生き教室のおばぁたち、学童の子どもたち、それから伝統的な島のみそづくりに興味のある人たちが集まり、参加者は全員で70名ほどになりました。にぎやかです。
今回のシマ学校のレジュメです。 池間島のカウズ(麹)づくりとンスゥ(味噌)づくりについて、写真入りで解説しています。
 前日に水につけておいて、当日朝から薪の火で炊いている大豆です。この日は4~5時間ほど煮ました。
おばぁたちによると、指で押してみて、豆がツルッと飛ばず、ふにゃっと潰れるぐらいが、味噌作りにちょうどいい固さとのことです。
 こちらは先日山城美枝さん家で仕込んでいた麦麹です。「あおあおとしていて、いい感じ」と美枝さん。青くてフワフワの麹がたっています。
 茹でた大豆をムシロに広げ、温度を冷ましてから、麹を振りかけていきます。
 大豆と麹をよく混ぜ合わせます。
 混ぜ合わせたものを臼に入れて、いよいよ杵で搗きます。このとき塩も入れます。
 子どもたちは交替しながら搗きました。
 参加者みんなで力を合わせて、大豆15キログラムを搗きます!

搗いて滑らかになってきたら、冷ました大豆のゆで汁と泡盛を混ぜたものを入れてまた搗いてなじませます。ほどよい固さになったら甕に詰めます。
 杵搗きを応援する歌や踊りも重要です。伊良波スミ子さんがザク(櫂)を持って踊り、応援します。ちなみに明後日はヒャーリクズ(ハーリー、海神祭)です。

 子どもから大人まで、たくさんの人がみそを搗きました。おいしいみそになりそうです!

 甕に塩を擦りこんで、搗いたみそを詰めます。詰め終わったら表面にまた塩を振ります。蓋をして、半年ほど置き、熟成を待ちます。開封が楽しみですね。

 この日は、みそつきユーイということで、野草ジューシーと豚のみそ炊き、モズクてんぷら、アーサとゆし豆腐のおつゆを用意しました。集まって作業した人をお互いにねぎらって、みんなで食べました。豚のみそ炊きのみそは去年つくったみそをつかっています。
 今日仕込んだみそが食べられるようになる秋ごろ、みそ甕を開封するときに、また集まって、新みそ祝いの豚汁を食べましょうね~

2017年5月19日金曜日

マツの芽が出た!

 5月19日、約1000植えたマツの種から、最初の1粒が発芽しているのをみつけました!
 もともとこの種を採取したのは4月28日。
 狩俣中学校の校庭にある立派なマツ並木のマツの木からマツボックリを拾いました。
 マツボックリの中にある種がまだ飛んでいっていないものを狙って拾っています。マツボックリは湿っていると閉じていますが、乾くと開いて種が出てきます。
 これが、マツボックリの中にある種。遠くに飛ぶように羽がついていますね。成長すると巨木になるマツですが、最初の種はこんなに小さな一粒です。
 ちなみに、マツボックリを採取した日は大潮で、大神島まで歩いていけそうなぐらい潮が引いていました!

小さなマツの芽。今後成長を見守っていきたいです。